top of page

藤棚俳壇・選者―三村凪彦

<2018年 第58号>

肩で押す古き暖簾のふぐの宿  三原利子

節分の豆が邪魔する靴の中  小野元夫

この一輪剪るをためらふ寒椿  佐藤幸華

諍いの残り火葱のみじん切り  小沢順子

セーターも解せば一本の毛糸  小泉道子

桜もみじ濃淡にして天青し  鈴木初枝

根深汁又かと夫はあきれ  顔吉田光子

《寸 評》

河豚くうて尚生きてゐる汝かな―虚子、と河豚には卵巣や肝臓に猛毒があるが、その他の部位が極ウマなので熱狂的な美食家がいる。

投句―当季雑詠で一人2句まで―、氏名、連絡先を記載して。次回締切は三月二十日。

巻頭句には粗品を進呈。

Eメール:fujidananp@jcom.zaq.ne.jp

FAX:045-895-0081


関連記事

すべて表示

『認知症の人への理解と対応』―― にしとも広場活動に役立つ 知っておきたいシリーズ 第2回

<2018年 第58号> 1月19日、シリーズの第2回目では、医療法人 法人会「高齢者グループホーム 横浜ゆうゆう」管理者の井上義臣さんを講師にお招きしました。 認知症は脳の神経細胞の病気で、物忘れがひどくなる、時間や場所がわからなくなる、判断をすることができなくなったりします。一度発症してしまうと今の医学ではまだ直すことができませんが、進行を遅らせる薬は開発されているそうです。 井上さんは、周り

bottom of page