top of page

この町、この人 ピアニスト 齋藤 香さん

<2014年 第37号>

 平沼にお住まいの齋藤さんは、武蔵野音楽大学ピアノ専攻を 生かし、現在、西区を中心にコンサートの開催、レッスン指導 を続けています。できるだけ多くの方に音楽に親しんでもらい たいことから、小さいお子さんや高齢の方々が集まる場所に足 を運んで、ピアノ演奏しています。ピアノと歌もあれば、時に はピアノとバイオリンを組み合わせたコンサートも行います。



 齋藤さんは“おもちゃのはこ”の代表としても活躍中です。 この日は浜松町にある“生活創造空間にし”の定期コンサート でした。演奏したサン=サーンス作曲の「動物の謝肉祭」の中 では、象、カンガルー、白鳥など、動物の鳴き声をピアノで表現してくれました。いつも台本な しで話すという、弾く前のわかりやすく、ゆったりした語り口にすっかり癒されました。このコ ンサートは毎月第 4 木曜日の昼頃2回行っています。コンサートが終わってからも、リクエス トに応じてモーツァルト作曲の「トルコ行進曲」を弾いてくれました。


 齋藤さんに最近あったうれしいことを話してもらいました。今年 2 月、列車大好きな息子さ んの卒業記念としてトワイライトエキスプレスで札幌―大阪間を一緒に乗車したそうですが、そ の息子さんが、この 4 月、希望通り鉄道会社に就職できたことだそうです。

Comments


bottom of page