top of page

「街歩きをすると楽しくなる情報が欲しい」藤棚新聞10周年記念アンケートから

<2018年 第60号>

 藤棚新聞では発刊10 周年の機会をとらえて、地域のみなさまに藤棚新聞に対するご意見をお伺いしました。お伺いした方法は、地域で活躍されている方、日頃お世話になっている方を中心に合計38名の方に、藤棚新聞のメンバーがお一人ずつ面談しました。



 「気になるお店」は8割以上の方が好きだと言っています。地元で美味しいものを食べたい、おしゃれな洋服を買いたいといったときにお店に寄せる思いがうかがえます。


 「昔と今」も50%の方が好きだと言います。高齢の方も若い方も地元の歴史を知って、これからの住みよい町楽しい町に思いを馳せているのではないでしょうか。


 「この町・この人」は名人と言われる人、スポーツや音楽などで活躍した人を取り上げ、「こんにちは、グループ」は地域の音楽やお茶などのグループをできるだけ広く紹介しています。「ふじなちゃんのさんぽみち」は身近にあって意外に知られていないと思われる展望やオブジェを巡っています。



 藤棚新聞をいつ頃から読まれていますか? という問いに対して、1、2年前からという回答が多いことに考えさせられます。


 住民の方へは自治会の回覧板と一緒に回してもらっていますが、なかなか目につ

きづらいのかもしれません。



 現在、藤棚新聞は回覧板のほかに商店や学校、区役所、病院、福祉施設、郵便局などの公共機関といった住民の出入りの多いところにも置かせてもらっています。一度手にしたらそのまま持って帰っていただける藤棚新聞になるように努めなければなりません。


問4.藤棚新聞についてのあなたのご意見を教えてください。(自由にお書きください)

(勝手ながら、同じようなご意見についてはひとつにまとめました。)

  • 読み応えがあります。地域の魅力を発信する媒体です。続けて頑張ってください。 10人

  • 街歩きしていて楽しくなる地域密着情報をリアルタイムでほしい。 8人

  • 気になるお店、新店舗を紹介してほしい。 2人

  • 地域に当たり前のように存在しているものの尊さに気づかされるような記事はとてもよい(銭湯)。 2人

  • 温故知新のような歴史の話が参考になります。 2人

  • 「この町、この人」は町に親しみを持つきっかけになります。 2人

  • 家族で話題になる記事、新しい住民の声、若者の意見を聞きたい。 1 人

  • バックナンバーをホームページやフェイスブックで公開してほしい。 1人

  • 読みやすいフォントサイズになっている、印刷に関する提案、ペットの飼育としつけの記事連載、毎月読みたいという希望、クーポン券の掲載依頼など。

  • 無回答 4人

問5.あなたの性別を教えてください。

①男 18人 ②女 19人 無回答 1人


まとめ

 アンケートの依頼にこころよく応じてくださった方々に感謝申し上げます。回答内容をしっかり受け止め、これからも地域の皆様とのコミュニケーションを高めて藤棚新聞の目標である「地域の人々のつながりをつくり、助け合いを図る」を実現するように頑張っていきます。


 なお、このアンケートの報告についてのお問い合わせは、4面下部に記載された藤棚新聞の電話・FAX またはメール宛てにお願いします。


寄付のお礼

 5月13日に実施されたこども笑店街では、みなさまから藤棚新聞に対して暖かいご支援と寄付をいただきました。まことにありがとうごございます。

 これからも地域に少しでも役立つことができますように力を尽くしていきます。


Comments


bottom of page