top of page

藤棚俳壇・選者―三村凪彦

<2017年 第57号>

蓑虫や吾にもありし父恋う日  佐藤幸華

秋の夕港の船の灯が砕け  新川博子

町の灯へ案山子は一人称で立つ  小野元夫

門に来て大蟷螂の動かざる  近藤廣子

夢で会うあなたは新酒飲んでいた  笹川紀久子

秋夜長LEDにとりかえて  中澤明子

己の頭皮霜月の灯がともる  後藤瑞枝

《寸 評》

蓑虫を集めて中に居る蛾の幼虫を引き出して遊んだ事が、この作品の発想にあるようだ。因みに「父乞虫」と古い季題にある。

投句―当季雑詠で一人2句まで―、氏名、連絡先を記載して。次回締切は一月二十日。

巻頭句には粗品を進呈。

Eメール:fujidananp@jcom.zaq.ne.jp

FAX:045-895-0081

コメント


bottom of page