top of page

気になるお店シリーズ 中華料理 愛福樓

<2018年 第58号>

 愛福樓は西横浜駅より水道道を徒歩5 分という、とても便利な場所にあります。


 店主の周平さんは、中国福建省生まれ。本場中国で1981年より中華料理の修行をし、1993 年日本に渡り横浜中華街(金福樓)の料理長を15 年務めたベテランです。その後、2008 年6 月6 日に『愛福楼』をオープンして店主兼料理長として独立して、今年で10 周年を迎えます。


 ランチタイムのお客さんがまだいる時間帯にも関わらず快く取材に応じてくれました。ランチは600 円~、サービスセットは750 円~、おすすめセットメニューは950 円と、どれも税込み価格でとてもリーズナブルです。今回の取材にあたり、3/10(金)まで限定で、「藤棚新聞を見てきた!!」と言うと杏仁豆腐をサービス。お酒を飲む場合は、おつまみをサービスしてくれるそうです。とってもサービス精神旺盛なご主人。地域に根ざし、長年愛され続けて常連客が絶えないことがうかがえました。



関連記事

すべて表示

『認知症の人への理解と対応』―― にしとも広場活動に役立つ 知っておきたいシリーズ 第2回

<2018年 第58号> 1月19日、シリーズの第2回目では、医療法人 法人会「高齢者グループホーム 横浜ゆうゆう」管理者の井上義臣さんを講師にお招きしました。 認知症は脳の神経細胞の病気で、物忘れがひどくなる、時間や場所がわからなくなる、判断をすることができなくなったりします。一度発症してしまうと今の医学ではまだ直すことができませんが、進行を遅らせる薬は開発されているそうです。 井上さんは、周り

Comentarios


bottom of page