top of page

コーヒーと和菓子でお茶会くつろぎサロン精神疾患のある方も一緒に

<2018年 第58号>

 だれでも参加できるお話と歌声のミニサロン“くつろぎサロン”(実行委員会代表 三輪雅代さん)が、1 月27 日藤棚地区センターで開催されました。


 生活支援センター西の活動紹介と精神疾患で同センターを利用されている方の体験発表のほか、音楽グループのLa seed によるセミクラシックコンサート(「冬」ビバルディ・「今日の日はさようなら」など)では、会場の参加者も一緒に歌って盛り上がりました。


 その他にゲスト、コーヒーサービスはエプロンよこはま、和菓子の提供は一の会「2」、機材貸し出しはにしとも広場が参加しました。今年度は終了で、来年度は計画中だそうです。

関連記事

すべて表示

『認知症の人への理解と対応』―― にしとも広場活動に役立つ 知っておきたいシリーズ 第2回

<2018年 第58号> 1月19日、シリーズの第2回目では、医療法人 法人会「高齢者グループホーム 横浜ゆうゆう」管理者の井上義臣さんを講師にお招きしました。 認知症は脳の神経細胞の病気で、物忘れがひどくなる、時間や場所がわからなくなる、判断をすることができなくなったりします。一度発症してしまうと今の医学ではまだ直すことができませんが、進行を遅らせる薬は開発されているそうです。 井上さんは、周り

Comments


bottom of page