top of page

アロハ~ 戸部コミュニティハウス

<2011年 第17号>

 戸部コミュニティハウスは地域のみなさんに気軽に利用して いただく施設として平成8年3月に戸部小学校と道路を挟んだ 今の場所に開館しました。もともとは掃部山公園にあった青少 年の家を能楽堂開設によって壊すことの代替施設として作られ たそうです。



 大きなガラスから日光がふんだんに入る明るいコミハには地 下1階から2階までに団体活動で使う4つの部屋があります。 中でも70人が入る地下のレクリエーションルームは大きな鏡 があって、フラダンス、カラオケ、大極拳やヨガなどに利用されて稼働率は9割の人気だそうで す。また、和室にはここに以前あった施設の優雅な欄間があります。


 館長の小澤さんは「地域活動の拠点として、子ども会、町内会や 自治会などの地元団体の利用が活発で、未就学児や赤ちゃんをもっ たお母さんのサポートに根強い人気があって気軽に来ていただけま す」と話しました。


 5人の職員が交代で勤務していて、毎月第3月曜日の施設点検日 (祝日の場合は翌平日)と 12/29~1/3 は閉館日です。



Kommentare


bottom of page