top of page

その昔に流行ったカントリー&ウエスタン 金子敏郎さん

<2023年 第88号>

 5月19日(金)に「生活創造空間(ガッツびーと西)」で金子敏郎さんによるカントリー&ウエスタンの演奏会がありました。

金子さんは西区内の地域ケアプラザ、地区センター、にしとも広場やディサービスの施設などでボランティア活動として、昔流行ったカントリー&ウエスタンの演奏をしています。流行っていた昭和30年代の頃は小坂一也さんが第一人者として活躍されておりました。金子さんも毎日フォークギター、マンドリン、ハーモニカ、カウス(箱型の打楽器)の練習は欠かせません。


 また、昨年4月からいろいろなジャンルで市民活動をしている個人や団体の集まりの「にしく名・達の会」の代表をしています。「にしく名・達の会」では毎年2月に藤棚地区センターで「西区名人・達人まつり」を開催しています。今年は20回目の名・達になり、コロナも落ち着いてきましたので、以前のような規模で開催され、大勢の来場者があり大変盛況でした。


 次回のガッツ・びーと西での演奏は7月21日です。問い合わせ:金子045-321-9356

Comments


bottom of page